パワハラの定義と対処をパワハラ被害者目線で解説!

※アフィリエイト広告を利用しています

パワハラ
記事内に広告が含まれています。

僕は実際にパワハラ被害にあった過去があります。

今日はパワハラを受けた経験からパワハラに対する対処方法を、
自分の経験した範囲で解説していきます。

労働局などの機関に相談した際のアドバイスや、
経験者からの意見に基づいて書いていきますので、
よかったら参考にしてください。

パワハラの定義

パワハラとはパワーハラスメントの略で組織内で社会的地位の強い物が、
優位性を利用しイジメや嫌がらせを行い、
労働者の働く環境や就労に不安を与えてしまう行為です。

他の人が見ている前でダメ出ししたり罵倒したりする事例ばかりではなく、
誰も見てないタイミングでパワハラ行為に及んでバレないようにする、
用意周到な人もいます。
僕にパワハラをしていた上司は後者でした。

みんなの前でダメ出しされるのも辛いですが見えない所でされると、
被害を理解してもらえる仲間ができないのが辛いです・・・・

向きあい方

結論から言うと、
パワハラを止めさせるのは相当難しいです

パワハラを行う人間は自分の優位性を利用している為、
被害にあっている側が優位に立てる事は無理です。

我慢していれば、
いつかパワハラはなくなるだろう、
いつか解放されるだろう、
そんな淡い期待をしていても辛くなる一方で、
どんどん自分が追い込まれていくだけです。

対応・対処

では、パワハラに対してどうするべきか?
答えは、
そんな人からは距離をとる事”です。
間違っても”やり返す”などとは考えないでください。
立場が不利なので勝てません・・・・

もし当事者よりも上の立場の人に相談して距離をとれる様なら、
相談をしてみるのもよいでしょう。
ただし自分が被害者側なのに逆に悪者に仕立てあげられる可能性があります。
そうなるとパワハラを行っている当事者が正義になってしまう、
おかしな現象に陥ってしまいます。

そもそもパワハラが日常である様な会社は、
会社にも問題があります。
気づいてない可能性もありますが、
それは従業員の事が見えていない証拠です。


メンタルが回復できない位まで自分を追い込んでも、
パワハラ当事者は何も気にしないし反省もしません

なので、僕は退職する事をおすすめします。
これは逃げではありません自己防衛です。
辞めた後の生活は?再就職は?と気にする事は多いと思いますが、
自分の体が働けなくなってしまっては元も子もないです!

立ち向かう覚悟

でも退職すると決めたけど自己都合で辞めたくないと思われるなら、
会社相手と戦う覚悟で挑まないといけません。
それにはまずパワハラの証拠を集めましょう

  • パワハラだと思われる音声を録音する
    スマホなどのボイスレコーダーでバレないように録る
  • LINEやメールなど文章で残ってる場合はスクショして残す
  • 書面などで嫌がらせされたなら写真に撮っておく
  • 自分が受けた精神的苦痛を内容と日付をメモなどに書き残しておく。
    証拠にならないと思うでしょうが審査に入る時に事実の裏どりをします
  • これは少し難しいですがパワハラを目撃した人に証人になってもらう
    証人にお願いされた人が今後も会社へ残る場合は協力してくれません。

上のリストから可能な限り証拠として残し労働局に相談して下さい。
その後、自分がとるべき行動を労働局が教えてくれます。

労働局は相談するだけで
強制力を持って会社へ何かをしてくれる事はありません

相談の結果で自分がどう行動するかを決めます

例えば弁護士を紹介され相談する等

まとめ

僕自身は労働局の方へ証拠を提出するかどうか?の所までいきましたが、
メンタルが限界にきていて逃げ出したい気持ちが勝り、
会社と戦う事はしませんでした。

それ位にパワハラは心に傷を与えてきます。

でも、
それが良かったか悪かったかは判りませんが、
メンタルは回復してきています。
結果的に良かったんだと前向きに捉えています。

もしパワハラ被害に遭っていて悩んでいる方がいれば、
この記事を参考にしていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました